ひし形な犬、病院へ行くw

身体と健康
11 /11 2016
いつも丸いと思うなよ!
今日のボクはひし形デスヨ!!

20161111_103821.jpg

とか言いながらに力いれたら…

20161111_103839.jpg

一瞬でまた丸顔に戻る春吉くんでありましたw

…なんて様子を見てわかるとおり、今朝はまた

幸い10時過ぎにはやんできたので、こんな風にひし形になってトイレ散歩wしてきたのですが、やはり外に出た時などに特に、鼻をクシュクシュフンフンしているので、病院へ行ってきました。元々フィラリアの薬を1回分追加購入するために、近々行かないといけなかったし。

写真はニコニコ嬉しそうに待ってたものの、この後肛門検温でギャーギャー泣き喚くことになる人w

20161111_112457.jpg

結果、元気も食欲もあるし、熱や青っ鼻がないことから、やはりアレルギーや季節的なものによる鼻炎ではないかとのこと。だから抗生剤などでがっつり治療するのではなく、軽い対処療法で少し様子を見ることになりました。

20161111_121117.jpg

処方されたのは、痰や鼻水の切れをよくするカルボシステインと、くしゃみ連発でしんどそうな時に頓服するプレドニゾロン(ステロイド)。相変わらずうちの先生の出す薬、人間の奴ばっかりw ま、その方が新鮮で安全だろうから、安心なんですけどね。 右上の1粒は残念ながら美味しくないフィラリアの薬^^

とりあえず鼻水が抜けやすくなる薬だけ飲んで様子見ってことですね。寒暖差アレルギーなんてものもあるらしいし、この数日の急激な寒さが落ち着き、体が慣れてくるにつれて治まってくれるといいのだけれど。

くれぐれも鼻血だけは出すんじゃないぞ; 先代のルークが鼻の腫瘍で亡くなったので、春吉も鼻血を出して倒れたりしたら、本当に私おかしくなっちゃうからな;;

早速帰ってきた昼頃に、せっかくだからとステロイドまで飲ませておいたけど、夕方の散歩に出たらやはりクシュンクシュンしてたし、まだあんまり変わった様子はないなあ。ま、そんなに急に効くような強い薬は怖いからイヤだけど;

つうか夕方もまた雨!>< もう大丈夫かと思ってたのに、またカッパ着なきゃいけなくて今日は散々。病院行った時もなぜかまたザーザー降ってきちゃったし、ついてなかったというか、間が悪かったねえ;

20161111_103806.jpg

さて今日は金曜なので体重測定も。

2016.11.11 1歳半、生後82週目は先週と変わらず10.3kgでした。

20161111_121702.jpg

直前に病院で量ってもらったら10.7kg…w リードの分が少しあるかもだけど、後は家では体重計からはみ出ている尻尾の分?w ま、相対的な変化さえわかればいいので問題ないですが、家で量るよりちょっと重めが実体重ってことで^^

 へへへ、ボクの立派な尻尾は案外重いノダ^^

20161111_121723.jpg

(生後575日目)

↓春吉のお願い↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

コメント

非公開コメント