母の命日にまた足ガジガジ;

身体と健康
06 /29 2017
今日は母の命日。あれから2年になるのか…。

あの朝、病院からの連絡を受け、まだ家に来て2週間くらいで留守番の練習すらしたことのない春吉を、やむを得ずひとりで部屋に置いていくしかなかった。そしてそのまま悲しむ間もないほどあちこち駆け回り、様々な手配をしてヘトヘトになって遅くに戻った私を、なんとか無事でいてくれた春吉は普段通り迎えてくれたっけな。生まれて初めて長時間たった一人で過ごし、寂しく不安だったろうによく頑張ってくれたね。

もう少しして散歩デビューできるようになったら、特養で先代のルークの死を受け入れすに毎日泣いている母のところへ、春吉を連れていってやろうと思っていたのに、それが叶わなかったのが本当に残念。数日前に持病になりつつあった腸閉塞で何度目かの入院をしたかと思ったら、あっという間に意思の疎通ができなくなり、母はそのまま逝ってしまった。

あれは今になって思うと、たぶん腸閉塞よりも脳梗塞などを起こしていたんだろうな。寝ているのか起きているのかもわからないまま、ベッドに横たわり頭をずっと左右に振っている姿…それが命ある母の最後の姿だった。本当に本当に、春吉に会わせてまた昔のようにおだやかに、芋ケンピをあげすぎて私に叱られたりしてほしかった。特養で親しくしていただいている方々との輪へ、懐こい春吉をいれて皆で大笑いしたかった。母さん、本当にそれだけは今でも残念です。

でもルークと一緒にご覧になってるとおり、こうして私は春吉と精一杯生きています。だらしない暮らしだし、部屋は汚いし洗濯物もしょっちゅう溜まってるけど、それでも春吉と一緒に笑って暮らしています。いずれまた皆で会える時も来るでしょうから、それまでまた少し待っててくださいね。どうぞ安らかに。合掌。

ちなみにその母が逝った日の夜に、春吉が私に見せた顔がこちらw こいつやっぱり天才、というか本当に優しくていい奴です^^

20150629_171202.jpg

さて、今日は雨の心配はなかったのだけど、やけに蒸し暑くなってしまった。

そんなわけで母の命日につき、ちょっと人の出入りが激しく、ちょっと春吉から目を離してしまったら…あああ;またやってしまいました、足首ガジガジで痛そうな赤ムケに;;

エアコンいれて気持ちよさそうに寝ていたので、そのまま部屋においていったのが大失敗。お供え片付けたり花の水を替えたりして部屋に戻ると、必死で足をガジガジしていてすでに血がにじんでしまっていた。

その間、たぶん10分もなかったと思う。ちょっとの間だからと大きなプラのカラーに替えず、普段使いの軽い奴のままで目を離してしまったせい。そのほんのちょっとの怠慢や不注意で、また1ヵ月くらいは傷やハゲに悩まされることになってしまった。あー悔しい、というか自分の怠慢が情けない;もっとちゃんとしなきゃ!><

ということで、足に血がにじむほどの傷を作ってしまったので、今日は公園に行くのも中止。近所を回って…

春「ごめんくださーい、どなたかいらっしゃいますか~^^」

20170629_183554.jpg

春「わ~い♡ こんちは~^^」

20170629_183602.jpg

と、お友達に挨拶するくらいで終わってしまいました。明日は傷の腫れもひいてちゃんと遊びに行かれますように。

(生後805日目)

↓春吉のお願い↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

コメント

非公開コメント